口内炎ができる原因は何?4種類の主な原因とは?

口の中に口内炎ができると本当に痛いですよね。
食べ物を食べても、飲み物を飲んでも刺激されるので常に痛みが伴います。

口内炎になってしまう原因はいくつかあります。
まずは、口内炎ができる原因についてしっかりと理解して対策をしていきましょう。

 

スポンサーリンク



「口内炎ができる原因はなに?」

口内炎は口の中にできる炎症です。
小さな刺激でも、痛みを伴うので食事や会話にも影響がでます。

実は、口内炎ができる原因が1つだけではありません。
口内炎ができる理由は主に4つあります。

「アフタ性口内炎」・・・多くの人が経験するアフタ性口内炎。口内炎の中心が白くなるのが特徴です。
ストレスや暴飲暴食など日々の生活習慣が原因になっていることがかんがえられます。

「ウィルス性口内炎」・・・アフタ性口内炎とは違い、雑菌などによる感染が主な原因です。免疫力が低い幼児に多く見られます。

「カルタ性口内炎」・・・カルタ性口内炎は、直接口の粘膜に刺激を加えることで起きる口内炎です。
無意識に歯で粘膜をかんでしまったり、歯の矯正具で刺激される場合もあります。

「ビラン口内炎」・・症状が酷いビラン口内炎、皮膚がただれたり範囲が大きいことがあり、形も症状も様々です。

このように口内炎にも症状に違いがあったり、起きる原因もちがいます。

ほとんどの場合は
生活習慣に乱れがあるときにできるアフタ性口内炎が多く見られます。

対策方法としては、睡眠、食事を改善することが大切です。

まずは、睡眠です、就寝時間を一定に保つ必要があります。
平日と休日で眠る時間が違うと生活リズムが乱れてしまいますので気をつけてください。
睡眠時間は最低でも6時間以上は寝るようにしましょう。それだけでも体の疲労も回復します。

次に食事です。食事はもっとも大切だといっても過言ではないです。
食事は野菜を中心にヘルシーな食生活にしましょう。

脂っこいラーメンを毎日のように食べていたりしてはいけません。
外食は基本的に栄養バランスを管理することができないのでおすすめできないです。

ビタミンやミネラルが不足すると口内炎が出来てしまう原因になります。

辛い口内炎を繰り返さないためにも、食事はしっかりと意識して改善してください。

最後に、口内炎は無理に刺激すると余計に炎症がひどくなります。
時間がたてば必ず治りますので、口内炎ができたときには食事と睡眠など基本的な食生活を見直していきましょう。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ