体臭の原因はじつは洋服だった?その理由と簡単な対策方を紹介!!

自分の体が臭いと最悪ですよね。

まわりの人間にも迷惑がかかりますしなにより、自分自身に嫌気がさしてしまいます。

 

残念ですが、誰もが体臭を知らず知らず匂わせています。

男性と女性では放つ臭いも違いますし、年代によっても変わります。

 

自分がいつのまにか悪臭を放っていないか心配になる方はこの記事をしっかりと読んでください。

 

スポンサーリンク


体臭の原因が洋服の場合ってあるのか!?

体臭の主な原因は、汗、垢、皮脂です。

 

どれも人間であれば常に皮膚についています、お風呂へ毎日入っても汗はかきますし、落としきれない体の垢もたくさんあります。

 

そして、体臭はお肌からだけではなく、洋服(衣類)から臭いが発生している場合があります。

 

その理由は「衣類の繊維に皮脂が付着しているから」です。

 

皮脂は人間のお肌からまいにち大量にでています。汗をかいている意識がなくても、汗はでますし皮脂も同時にでています。

 

男性

 

衣類の繊維に皮脂がこびりついている場合は、洗濯して乾かしても、数時間経過すると、体臭がぷわ~っと臭ってきます。

しっかりと洗濯をしているにも関わらず、皮脂が繊維に吸着しているだけで、体臭が臭ってくるのは不思議ですよね。

 

とくに、体臭がもっともキツイと言われている20代~40代男性は、シャツやパンツなども、どれだけ洗っても臭くなります。他の洗い物と一緒に洗濯する場合は注意しなくてはいけません。

 

どれだけ洗剤を使用しても、取れないときは取れません(^_^;)

 

衣類に吸着した皮脂と臭いをとる方法とは

衣類について皮脂を取る方法としては「漂白剤」を使用するべきです。

量については、少しだけ多めにいれるといいでしょう。

 

洗濯

 

洗濯物の量に対して決まっている分量よりもすこし多めに使用してしっかりと皮脂をとってあげましょう。

 

漂白剤には、皮脂を分解する効果もありますので、しっかり毎回、皮脂をとるために漂白剤を使用して洗濯していれば、いつもよりは、衣類から体臭の臭いを消すことができます。

 

*ハイターなどの塩素系の漂白剤は色落ちしてしまうことが多いので、酸素系のワイドハイターなどの漂白剤がオススメです!

 

100%の確率で解決することはないですが、少なくとも洗剤だけで洗濯をしているときよりは効果がハッキリとわかるはずです。

 

汗をケアをしっかりすることが何より大切です

最後にですが、どれだけ体臭対策をしても、人間ですから時間が経てば臭いは出ます。

24時間体臭だけを考えて、生活などできませんし、ストレスが溜まりやすくなれば、体臭もきつくなってしまいます。

 

汗のケアを常に怠らないことが大切です。

 

例えばですが、シャツを1日に数回交換する、制汗スプレーを使用するなどです。

人や状況によっては対策も変わりますが、できるかぎりすべての対策を行いましょう。

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ