目の充血が治らない!こんな時はどうするべき?充血の原因は?

目が充血した場合はあなたならどうしますか??

 

対応の仕方次第では、治る場合もありますが、悪化してしまうこともあります。

目が充血した場合には、正しい知識と行動がもとめられます。

 

いざというときに、添えなるために充血に関する知識をご紹介します

 

スポンサーリンク


目の充血が治まらないときは医師へ相談する

目が充血してしまった場合は、まずは水で洗い流すことが大切です。

こするのではなく、水で汚れを流すだけです。

 

こすってしまうと、目についたゴミが眼球を傷つけてしまうので、充血よりも大変なことになってしまいます。

充血が収まらないときは、眼科へ受診することをおすすめします。

 

眼球はとてもデリケートですので、こする、押すなどの刺激を与えると危険です。異物感が合ったとしても触らないことが大切です!

 

医師

 

なぜ、充血するのか?その原因とは

目が充血してしまう理由はたくさんあります。

 

最近多いのが、目の酷使による充血です。

 

パソコンワークで目の血流が悪くなり、気がつけば目が充血している場合があります。

 

その他には、寝不足が続いている場合も充血してしまう原因になります。

 

寝不足は目だけでなく、体にも心にも悪いのでしっかりと睡眠をとりましょう。

理想としては1日に6時間は眠るべきです。

 

パソコン仕事

 

病気の可能性もある

もしかすると、目が充血してしまうのは、刺激を加えたり寝不足や過労だけが原因でない可能性もあります。

 
  • アレルギー性結膜炎
  • ドライアイ
 

この2つは、目が充血しているときに疑われる病気です。

目の病気は、ひどくなると治療も大変ですから、しっかりと目を守ることが大切です。

 

アレルギー性結膜炎の特徴は「かゆみ」です。目が真っ赤に充血して、とにかく痒くてたまらなくなります。
ですが、目をこすったり掻いてしまうと症状が悪化してしまい、眼球に傷がついてしまうことで視力低下などの恐れもあります。

 

私はこの結膜炎になってしまったことがあります(汗)とにかく痒くて、目を開けているのもつらいほど・・・

会社へは車で通勤していたのですが、とても車を運転できるような状態ではありませんでした(^_^;)

 

充血

 

ドライアイは良く耳にする言葉ですよね。

 

ドライアイというのは、涙の量が減ってしまったり目の乾燥が原因によるものです。

眼球の水分量がすくなくなると、まばたきの回数が増えたり充血したりします。

 

ドライアイは簡単にチェックする方法があります。

その方法は、目を10秒間しっかりと開け続けていられるかというテストです。

 

もしも10秒間目を開け続けられない状況ですとドライアイの可能性があります。

そういった場合には眼科へいきましょう。

 

このように目の充血でも原因はさまざまで、症状も違います。

症状を悪化させないためにも、正しい知識と行動をよるようにしましょう。

 

結膜炎などになると、本当に大変です。繰り返しになりますが、充血が収まらない場合はできるだけ早い段階で眼科を受診することをおすすめします(汗)

私は、本当につらい思いをしたので・・・(^_^;)

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ