ブルーベリーは目にいいって本当?疲れ目にも効果はあるの?

ブルーベリーって疲れ目に効果があるの?

 

毎日のデスクワークで目はしょぼしょぼ、いつも昼過ぎになると視力が低下して、業務にしっかりと集中することが難しくなる・・・

 

このようなことってないでしょうか?

 

私も、パソコンに向かうことが中心の仕事なので疲れ目には悩まされていました(^_^;)

 

今回は「ブルーベリーが疲れ目に効果があるのか?」についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク


ブルーベリーってなぜ、疲れ目に効果があるの?

ブルーベリーがこれほどまでに、効果があると言われている理由としては、ブルーベリーに含まれているアントシアニンという栄養素です。

アントシアニンは、フルーツなどに含まれていることがありますが、中でも、ブルーべリーは特に豊富なのです。

 

ブルーベリー

 

このアントシア二ンという栄養素が目の疲労などに効果的であるとして最近では、「ブルーベリーを積極的に食べるといい」などとテレビ番組で紹介されています。

 

実際に効果は本当にあります。

 

疲れ目の度合いにもよりますが、しっかりとブルーべリーを食べる生活をしていると目の疲労度が変わってきます。

1日で効果を体感するという人もいれば、1週間ほど試して気がつけば「全然違うじゃん!」と気がつく人もいます。

 

私の場合は後者の方で、とりあえず食べ続けていたら10日くらいで、ショボショボする感じが軽くなり、症状が出るまでの時間も長くなりました。

 

疲れ目

 

ブルーベリーってどこで購入すればいい?

ブルーベリーって普段買うことは少ないですよね。

ぶどうやマスカットなどは食べるけど、「ブルーべリーは購入したことがない」という人が多いのではないでしょうか??

私も以前は、「ブルーベリージャム」しか買ったことがありませんでした(汗)

 

日本人にとって、ブルーベリーはそこまで馴染み深いものではないので仕方がありません。

 

購入先としては、スーパーや果物屋さんなどで買うと新鮮なものを得ることができます(^^)

ブルーべりは生でも食べることができますし、手作りジャムなどにして毎朝、食パンに塗って食べることもおすすめです。

私はヨーグルトに入れて食べるのが好きです(^^)

 

ブルーベリー

 

ブルーベリーの旬は、6月~9月までです。

夏場はとくにお安く手に入れることができますので、ぜひお試しください。

 

疲れ目は放置しておくと、深刻な眼精疲労になってしまう可能性もあります。

 

疲れ目と違い、眼精疲労は寝ても疲れが取れないのです。

 

そうなると、視力もものすごく低下してしまいますし、車の運転や、仕事などへ悪影響を及ぼしてしまうので絶対に気をつけるべきです。

 

だからこそ、疲れ目に困っている社会人のかたはしっかりと対策を行っていくべきです。なるべく早く対策をすることで、疲れ目が悪化しないので早め早めを心がけてください。

 

最後に、疲れ目対策はとにかく続けることが重要です。

効果を実感して満足してしまえばそこで終わってしまいます(^_^;)時間の問題で、また疲れ目になる可能性があります。

ですから、長く続けることを意識してください!

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ