生活習慣病の予防と対策!おすすめの食生活とは?

生活習慣病ってご存知ですか??

恐らくですが、ほとんどの方が曖昧に認知している程度だとおもいます。特に20代くらいまでの若い方は・・・

 

生活習慣病って例えばなにがあるとおもいますか(^_^;)??

 

手術

 

一般的に有名なのが「糖尿病」ですよね。ものすごく恐ろしい病気ですが、ガンと同じほど誰もが患う可能性を持っている病です。症状は様々ですが、完治することがない病気です。

 

次に、脳卒中です。これもよく聞きますよね。高確率で命を落としてしまう病です。

その他には、数多くありますが肥満や心臓病や脂質異常症や高血圧などのよく目にする、恐ろしい病気などのことを指します。

 

これらの生活習慣病は、10代でも患うことがあるほど最近では、患者が急増しています。

かつて生活習慣病は「成人病」と言われ、大人がなるものと思われていたフシがありましたが、まさに、年齢を問わず、生活習慣によって誰にでもなる可能性のある怖いものなのです・・・(汗)

 

スポンサーリンク


生活習慣病の予防は生活習慣を変えること!

これらの生活習慣病を予防するためのコツと対策としては、食生活を改善すること、これに尽きます。

つまり、食事の生活習慣を改善するということです(^^)

 

人間は食べるものから体ができているので当然ですが、万一、栄養が少ないものばかりを食べているとどうしても悪影響が出てしまいます。

 

ですがこの偏った食生活を激変させることで、今後、生活習慣病にかかるリスクを大幅に下げることができます。

 

生活習慣病にならないための食生活でもあり、対策でもあります。人としては、死ぬまで健康で生きていたいものです。

そのためにも食生活を今日から見なおして改善することが大切です。

 

どれだけ知識を持っていても行動に移さない限りは意味がないのです。

 

例えば「野菜を食べれば健康的になるそうだよ」と心の中で知っていても、ハンバーガーを食べてしまう人は、お馬鹿さんです。

大人としもっと考えるべきだとおもいます。

 

ハンバーガー

 

ですが、人はいざ生活習慣病になってみないと実感がわかないものです。

糖尿病になってはじめて気がつく健康の大切さです。

 

きっと、患うと普段の偏った食生活に後悔するはずです。でも、あとでクジクジいっても仕方がありません。そんなに甘くはないです。

だからこそ、いまのうちに食生活をしっかりと改善していきましょう。

 

誰にでもできる食生活の改善方法とは?

それでは、誰にでもできる改善方法をご紹介します。

難しく考える必要はありません、単純に野菜の摂取量を増やすことです。

いまはどれだけ外食をしていても、いいのです。まずは摂取する野菜を増やすことで慣れていく必要があります。

 

野菜

 

きっと、1週間も野菜を撮り続けていると体調的にもいいことがあります。便通がよくなったり、肌の血色がよくなったりします。

そうすると、自分でも野菜を意識的に摂取することの大切さを実感します。

そうなると話は一気に進みます。そこから自分なりに工夫を重ねて食生活を改善し続けることです。

 

人間は不思議なもので、食生活が偏っているときにはバランスの悪い食事でも平気になりますが、健康的な食をとりつづけていると
不思議と和食を中心に食生活を送りたいくなってしまうのです(^^)

 

まずは生活習慣病対策として食生活を変える第一歩を踏み出しましょう。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ