生活費の 節約!同棲などの二人暮らしで節約する基本ポイントは?

もしも恋人と二人暮らしをするとなれば、どのようにして節約していけばいいか?

恋人と同じアパートで二人暮らしをはじめるとなれば、どのようにして生活して節約するのかをしっかりと考えて置かなければ、生活をつづけることができなくなる可能性もあります。

 

二人暮らしは光熱費なども倍になったります(^_^;)

 

ということで今回は、基本的でもあり、おすすめな節約方法をご説明します。

 

スポンサーリンク


家賃が一番慎重になるべき一番のポイント!

「お部屋の家賃は、割り勘で支払える範囲で余裕をもつべき」

 

ここを気をつけておくだけでも、本当に大きな節約になります。

家賃は毎月固定費なので、一度高い部屋にすむとずっと高い家賃を払い続けなくてはいけません。

そうなると、仕事をしていても支払いだけで生活費にまわすお金が少なくなり厳しい生活を余儀なくされます。

 

せっかく、恋人と二人暮らしをするのですから、少しは旅行やお出かけなど楽しみがないとつまらないですよね。

そうなると、やはり節約を続けていかなくては厳しいでしょうから、しっかりと家賃を決めるべきです。

 

おすすめは、2人で余裕を持って割り勘できる金額です。

どれだけ多くても10万円以内におさえておくことをおすすめします。

 

無理していい部屋にすむ必要もないですし、見栄も必要はないです。

 

↓非公開物件多数!10万円でもいい部屋見つかる!↓



自炊は節約の超基本!

「外食はなるべく減らすこと」

 

外食は家賃の次に高くつきます。

外食は気をつけないと1回でも数千円かかります(^_^;)ヘタすれば一ヶ月のトータルの外食費が家賃よりも多くなることすら考えられます。

 

となると、外食ではなく。自宅で自炊するべきですよね。

 

お野菜やお肉などスーパーでしっかりと食材を揃えておけばなんでも作れます。

例えば、カレーなど作ってしまえば最大で3日は持ちますよね。これだけでも節約になりますし、私のように1週間食べ続けても飽きないカレー好きにはたまりません(笑)

 

料理するカップル
 

毎日自炊することで、健康的にも良い影響が期待できます(^^)

例えば、お野菜を中心の料理になれば、痩せたり、お肌が綺麗になったり女性にとっても嬉しい効果はたくさんあります。

 

家具は少しづつ増やしていくと出費を抑えられる

最後に、新しくお部屋へ引っ越すとなれば家具が必要になります。

ですが、最初は必要になる家具だけをあつめて残りは、毎月お金に余裕がある分だけ使いお部屋を充実させていくのがベストです。

 

一度に家具をすべて揃えるとなると、それなりの金額になりますし引っ越しするだけでもお金は多く必要となるので、そこは後回しでも大丈夫だとおもいます。

また、実際に住んでみることで本当に必要な物が何かがわかってきますし、家具のサイズも適切なサイズがわかってきます。

それから家具を揃えたほうが、無駄がなくて済みますよね(^^)?

 

新生活が始まる前は、どうしても期待が膨らみますから、あれもこれも欲しくなってしまったり、「あったら便利」と思って一気に色々揃えてしまいがちですが、グッと我慢してみましょう!

 

最低でも、これだけしっかりと節約する意識を持っていれば苦しくなることはありませんのでご参考にどうぞ。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ