生活費の節約!一人暮らしをするときの3つのポイント!

一人暮らしを経験した男女がもっとも大変だったと語るのが「お金」です。

やはり何事をするにも、お金は必要になりますので、大変なのです。

 

私もなかなか大変です(笑)

 

ということで、今回は、一人暮らしをする人が知っておくと便利な節約のコツをアドバイスさせていただきます。

 

一人暮らしは、お金がいくらあっても足りないの位の感覚になってしまうくらいです(^_^;)

知識を身につけて節約していきましょう。

 

スポンサーリンク


一人暮らしをするなら食事はすべて自炊するべし

人間だれでも、1日に1食は必ずたべますよね!

この食費は毎日必要となりますので、絶対に節約しないと出費がかさんでしまうのです。

例えばですが、毎日スーパーで1,000円分の食費を使っているとしたら、1ヶ月で必要となる金額は30,000円です。

 

また、一人暮らしの強い味方といえばコンビニですが、一日3食をコンビニで済ませてしまったりすると1,000円なんか余裕で越えてしまいます。さらに、月に何度かは友達と外食・・・これでは食費に使うお金は30,000円どころの騒ぎではありません(汗)

 

これは非常に痛い出費ですよね。ヘタすればお家賃とほぼ同額になります。

 

コンビニ弁当

 

ですが、こういった食費は料理のレシピを覚えることで節約できますし、健康的にも良い食事を心がけるようになりますのでインターネットのクックパッドなどを見て、激安料理を参考にしてください。

 

光熱費はバカにならない

次に光熱費になります。光熱費は一人だけだと安いのでは?と思われることもあるかもしれません。

ですが、光熱費は油断していると非常に高ついてしますのです。

 

例えばですが、冬場ですとエアコンや湯船などで多くの電力を使用しますよね?夏ですと、冷房をガンガンにつけるので光熱費が増します。

毎日、毎日ぜいたくに光熱費を使用していると月末の請求書を見て後悔するハメになります。

 

エアコン

 

真冬と真夏は光熱費が2倍、3倍に跳ね上がるといったことがあってもおかしくありません。

私は、特に寒いのが苦手なのでエアコンをバンバン使っていたら、請求書を見て死にそうになりました(笑)

 

エアコンの消費電力はとても大きいので、夏場と冬場には温暖化も考慮して設定温度に気をつけるとをおすすめします。

 

後悔

 

家賃を少しでも安くすると気持ちが楽になる

最後に家賃です。家賃は固定なので一度物件をきめてしまえば契約終了までずっと同じ額を支払い続けなくてはいけないです。

そうなると毎月少しでも安いほうが楽ではないですか?

 

例えば、いま家賃7万円のお部屋に住もうと考えている場合ですと、6万円内におさえておくだけでも、1年間で12万円が浮くことになります。

その分、アルバイトなどをする必要もなくなりますし、食事を少しだけ豪華にすることもできます。

 

とても小さな差ではありますが、こういったところに気を使っておくだけでも長い目でみるち大きな差がを生むことになります。

節約には、「ちりも積もれば山となる」という考え方が大切です(^^)

 

これらを踏まえて、今後一人暮らしを検討している方はご参考にしていただければと思います。

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ