春からの一人暮らし!学生さんはお部屋探しを手抜きしないことが大切!

3月は引っ越しシーズンですね(^^)特に、学生さんは地方へ一人暮らしをはじめる時期です。

 

学生さんは、ほとんどの場合は、はじめての引っ越しになると思うので、アパートのお部屋選びもかなり重要なポイントになってきます。

 

ここで今回は、一人暮らしをこれから始める学生さんが注意・注目するといいポイントを紹介します。

この記事を読んで、実際にお部屋探しに役立てていただけると幸いです。

 

スポンサーリンク


お部屋探しは、絶対に手抜きはしないこと

お部屋を探すときに、あなたはどこに注目しますか?

 

築年数でしょうか?部屋の内装でしょうか?それとも、立地にこだわりますか?

 

ほとんどの場合は、まずは家賃を設定して、それに見合ったお部屋を内覧するかたちになります。

 

そうとなれば、なるべく家賃内で、キレイで理想に近いお部屋に住みたいことは間違いないですよね。

ここで注意することは、「お部屋探しは手抜きはしないほうがいい。」ということです。

 

なぜかといえば、妥協したりしてお部屋決めをすると後で後悔するからです。

 

部屋

 

あたりまえですよね。

 

当然ですが、あとから契約を変更するとなれば頭金などは帰ってこないですし。不動産屋さんからも印象が悪くなりもしかすると、コレ以上物件探しに協力をしてくれない可能性もあります。

そうなると困りますよね(^_^;)

 

お金はなくなっちゃうし、不動産屋さんもなんか微妙な雰囲気になっちゃってるし・・・。これではかなりキツイです(汗)

 

だからこそ、一発勝負で妥協せずにこれだ!という物件がみつかるまでは首をタテに振らない覚悟でいきましょう。

 

不動産屋さんは、優柔不断でも気にしない

「さすがに、何軒も、何軒も物件をまわっていると不動産屋さんに申し訳ない・・・。」

 

悩む男性

 

と考えてしまう人もいるかもしれないのですが、これは間違いです。

 

むしろ、不動産屋さんからすれば契約まで持って行きたいのですから、何度も内覧を案内してくれますし、「契約することに本気になっているから何度もお部屋を探しまわる」という行為は、迷惑でもなければ気にもしません。大丈夫です(^^)

 

不動産屋さんのご機嫌を伺いながら部屋を探すなんて、息苦しいですし、なんだか後で後悔してしまいそうではないでしょうか。

「部屋を借りる」ということはそこであなたの人生の一部を過ごすということですから、良いものにしたいに決まってますよね?

 

後悔先に立たずです。

 

「後悔しても遅い」とは絶対的ですから、物件探しは丁寧に行いましょう!

ここだけをしっかりと注意して、ポイントを守るだけで物件契約後に満足して新生活を迎えることが出来ます。

とくに、学生さんは自宅で学習することが多いのでなおさら、自宅の環境にもこだわりたいですよね!

 

学生もいろいろと大変ですが、満足のいくお気に入りのお部屋をみつけて春から新生活を楽しんでください!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ