ホワイトデーのお返しの金額の相場!職場ではいくら位がいい?

毎年バレンタインデーに、会社の女性社員さんから、付き合いとして義理チョコレートをたくさんもらう機会が多いかと思います。

そもそも、義理チョコレートは日本だけの独自の習慣で、お菓子会社の企業戦略の1つです。

毎年、義理チョコレートのお返しにかける時間もお金もかかるので面倒ですよね(^_^;)

 

今回は、「ホワイトデーに使う金額はどのくらいがおすすめか?」についてご紹介をさせていだきます。

 

スポンサーリンク


義理とは言え、ないがしろにはできませんよね・・・

義理チョコとはいえ、女性はお金をかけているので男性がお返しはしなかったり、かなり安めなブラックサンダーなどを渡しているようでは社内で評判が悪くなったりすることも考えられます・・・・・

 

とくに上司になればなるほど、メンツというものがありますから安すぎるチョコレートを購入することは難しくなります。

 

やはり礼儀としても、ホワイトデーのお返しには最低でも1000円程度はお金をかけてプレゼントするべきだといえます。

 

ある雑誌のアンケートによれば、義理チョコに使う平均金額は1人あたり800円程度が平均だそうです。

 

最近では、インターネットでも安く、見栄えが素晴らしいチョコレートも購入できるようになりました。

例えばですが、楽天ではこのように1000円以内で購入できるチョコレートがあります。

 
 

ここで注意したいことは「あまりにも高すぎるプレゼントはダメ」だということです。

その理由は、高すぎるプレゼントを貰うと、来年のバレンタイデーに女性が気を使わなければいけないからです。

 

これは男性だけでなく、女性にも当てはまることですが基本的に義理チョコレートは付き合いといして渡すだけのものですから、本音では必要ないと感じているはずです。

 

だからこそ、お互いに暗黙の了解として安すぎず、高すぎない価格帯でチョコレートを購入するべきなのです。これがまた難しいところですが・・・(^_^;)

 

考えるビジネスマン

 

ホワイトデーは大人の対応で(笑)

ここまで書いてしまうと、つくづく日本のバレンタイデーとホワイトデーは面倒で不必要な習慣だなと気が付かされるのですが、あなたはどう思われますか?

 

ですが、やはり付き合いで一年に一度ですし、「まあ、仕方がないかな」というのが本音でしょうか。

 

女性は、お返しをしてくれない男性よりも、安くてもいいからお返しをしてくれる男性のほうが圧倒的に印象がいいとおもいますので、「お返しをしない」という選択は選ばずに1000円程度の金額で、ホワイトデープレゼントを選ぶことにしましょう。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ