バレンタインのチョコレートの予算!本命でもお返しも考えて控えめに!

「本命の相手へ贈るバレンタインチョコレートの予算はどのくらいがおすすめ??」

 

2月になると、本命の相手へ贈るバレンタインチョコレートのことで頭がいっぱいになるかとおもいます。

でも、どのくらいのお金をかけてバレンタインんチョコレートを購入(または作る)べきなのか?悩みますよね。

 

やはり本命の男性への贈り物ですので、思いっきりこころを込めて贈りたいですよね!

 

手書きのハート

 

まず、バレンタインデーで贈るチョコレートですが購入するか?手作りするか?これも迷いますよね。

社会人であれば、手作りする時間もあまりないので今回は購入するパターンで考えていきましょう。

 

スポンサーリンク


その気になれば予算は頑張れるけど・・・

やっぱり、社会人レベルで購入できるチョコレートとなれば数千円ではなく1万円程度でも購入しようとすれば買えると思います。

高いチョコレートや品質の良いブランドチョコレートは数多くありますが正直なところ「金額がすべて」ではありません。

 

どれだけ気持ちを込めているといっても数万円もするチョコレートを渡しても受け取り男性がビックリしてしまうだけです。

相手の男性はあなたへ好意があるかわからない状態ですからいきなり高額なバレンタインチョコレートを貰っても動揺してしまうだけです。

 

動揺だけであれば、まだマシなほうです。

 

バレンタインは貰ったらお返しをしなくてはいけないというルールがあるためかなり高いバレンタインチョコレートを受け取った男性はその金額に見合ったお返しを購入しなくてはいけない状態になってしまうのです。

 

男性的には高価なプレゼントは嬉しいですが、すぐに「お返しがやべぇなぁ~・・・」と頭を抱えてしまう事になります(^_^;)

 

プレゼント

 

もしも、その男性はあなた以外からもチョコレートをもらっていた場合にはお返しだけで相当大変な思いをしてしまいますよね(^^:)

やはり、心を込めるとしてもバレンタインチョコレートは1万円以内で抑えるべきです!

 

普通の男性ならホワイトデーのお返しを用意してくれるはずですから、相手のお返しの金銭的負担まで考えて準備するのがいいですね。

「考えすぎでしょ?」と思うかもしれませんが、本命であればそれぐらいの気遣いをしてもおかしくはありませんよ(^^)

 

ちなみにプレゼントはチョコレートではなくても、クッキーやマカロンなどチョコレートがあまり好きではない男性でも食べられる贈り物が一番良いのかもしれないですね!

 

まとめ

結論として「本命の男性に贈るバレンタインチョコレートの予算は安くても充分」ということです!

お金ではありませんよね。気持ちです。既成品のチョコレートの価格だけで勝負して相手の気持ちを取るよりも、どれだけ工夫していけるかが重要になってきますね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ