バレンタインに贈る赤いバラの最適な本数は?デキる男のプレゼント!

「バレンタインデーに赤いバラを贈ったことはありますか?」

 

バレンタインデーに赤いバラを贈れる男性はかなりかっこいいです。

 

バラ

 

特に、日本ではバレンタインのプレゼントは女性から男性へという習慣が定着しているので、「意外性」言う点でもポイントが高いのです!

 

ですが、無闇矢鱈に赤いバラを贈ってしまうと気持ちが悪いと思われてしまいますよね。

 

海外の映画のようにうまく行けばいいのですが、なんというかこう、文化の違いがあるのでヘタするとドン引きされてしまう可能性もありますしね(^_^;)

 

ですが、「バラをプレゼントしようかな?」と思う男性、・・・

そう!あなたのジェントルマン度はかなり高いですよ!!

 

ということで、今回は失敗しないバラのプレゼントの仕方をお伝えします(^^)

 

スポンサーリンク


バラを贈るなら「派手すぎない」のが紳士!

基本的に、バラは年齢の数だけ渡したりすることもありますが20本も30本も渡してしまうと邪魔になりますよね、

貰った瞬間は嬉しいのですが、その後の処理に困ってしまいます。

 

レストランなどで大量にもらっても、帰りが電車だったりすると女性の方も「恥ずかしい」という気持ちで頭がいっぱいになってしまいます(汗)

 

そのようなときにこそ、おすすめできるのが1本だけ赤いバラを贈るということです。

バレンタインデーには、赤いバラ1本と女性が好きなプレゼントを1つセットで渡してあげることで、女性は喜んでくれる確率がたかくなります。

 

下手に赤いバラだけを渡してしまうと気持ち悪がられてしまうので、女性の好みのプレゼントとセットにすることで失敗する確率を減らすことができます。

あくまでも自然に、ワンポイントのアクセントという感じでバラを活かしましょう!

 

バラとプレゼント

 

バレンタインデーは基本的に女性からプレゼントを贈る決まりに日本はなっていますが本来は、男性であろうが女性であろうがどちらからもプレゼントを贈って気持ちを伝えることができます。

 

ですから、変な決まりに縛られすぎて、ホワイトデーに赤いバラを渡してしまうのはあまりよくないかとおもいます。

女性は男性から、バレンタインデーになにか貰うと思っていない可能性が高いのでちょっとした、サプライズにもなりますのでぜひ、おためしください。

 

情熱の赤いバラを前にしても紳士は冷静に!

赤いバラの花言葉は、「情熱や愛」を意味しています。

 

ですが!絶対に避けて欲しいのが、女性に赤いバラを渡すときに花言葉を口にしてはいけません・・・・・

恐らくそれをすると気持ち悪いだけになりますので自分に酔いすぎずに、気をつけることもたいせつです(笑)

 

キザ

 

赤いバラ以外にも、種類は豊富なので女性が好きなカラーを選んでプレゼントするのもいかもしれません(^^)

 

また赤いバラには刺がありますので、女性へプレゼントした際にはトゲに気をつけてと一言添えておくべきだとおもいます。

万が一、花瓶などへ移動させた際に、手を怪我してしまうと非常に残念ですから、男性として一言注意を促しておくべきだとおもいます。

 

月並みな言葉ですが、さりげない優しさほど印象も良いものです。

押し付けがましくてはいけません(^_^;)

 

赤いバラをうまく有効活用して、今年のバレンタインデーには女性を喜ばせてあげてください!成功するように祈っています^^


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ