学生のバレンタインプレゼントの予算は?節約するのはここじゃない!

「学生がバレンタインプレゼントに使う費用はどのくらいがおすすめか?」

 

うーん。これは難しいですよね。学生といっても中学生と高校生では大きく違います。

中学生は親からのお小遣いだけですが、高校生になるとアルバイトをしてお金を稼ぐことができるのでこういった悩みには大きく差が開きますよね。

 

今回は、ある程度お金に余裕がある、高校生に限定してご紹介していきたいとおもいます。

 

スポンサーリンク


高いプレゼントは必要ないよ!

やはり高校生は、少なからずバレンタインデーにはお金をつかうべきです!

 

最近では、お金を使うことに消極的になりすぎている学生も多くバレンタインデーには、チョコレートすら渡さないカップルも多いようです。

女子も、男子も、彼女や彼氏には、しっかりと普段感謝している気持ちも含めて2月14日のバレンタインデーにはプレゼントを贈るべきです!

 

プレゼント

 

大人みたいに何万円もするプレゼントを買ったり、高級レストランで食事をする必要はありません。

でもすが、どれだけ安くても1000円以上の贈り物をするといいでしょう。

 

あくまでも最低ラインの考え方ですから3000円、5000円と頑張れるなら頑張りましょう!

 

さすがに1000円以下も彼女や彼氏に使えないとなればそれはマイナスです。

相手のことを考えれば1000円くらいであれば惜しくはないはずです。できれば、お小遣いやバイト代を少しずつ貯めておくといいですね(^^)

 

女子から男子へ、男子から女子へ喜ばれるプレゼントは?

女子が男子へ渡して喜ばれるものといえば「マフラーや手袋」です。

 

ベタですけど、鉄板なんです!!鉄板だから昔から語り継がれているんです(笑)

 

マフラーや手袋などであれば、学校へ向かう通学にも着用できるので渡したプレゼントを毎日使ってくれます。

渡したプレゼントを使ってくれるのはとっても嬉しいですよね(^^)

 

49139609fc3c612b446e7b311c805398_s

 

男子が女子へ渡して喜ばれるものは、「香水」「アクセサリー類」がおすすめです。

 

この場合は、絶対にペアにすることです。

 

香水

 

香水であれば、2人して同じ香水をつかうこと。アクセサリーであれば同じ種類のペアアクセサリを購入することです。

同じ香水を使うことで、2人で同じにおいを共有しているので心理的テクニックとしても恋愛には最適です。

とくに好きな男性がつけている香水を自分もつけることによって同調効果が生まれるからです。

 

香水もペアアクセサリーも1000円~程度で購入できますのでぜひ、お試しください。

*アクセサリーや香水は校則で禁止されている場合がほとんどだと思います。校則は守りましょうね(^^)

 

ペンダント

 

最後に

高校生だからといって、バレンタインデーに使うお金の予算を少なくするのはもったいないですよ!

コンビニや夜食などに使うお金をカットして1年に1度のバレンタインデーに好きな相手へ気持ちを込めた贈り物を渡してあげてください!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ