シルバーアクセサリーの黒ずみを塩とアルミホイルで取る方法!

男性女性問わず人気のアクセサリといえば

 

シルバーアクセサリー

 

ですよね(^^)

 

シルバーの小物

 

指輪やネックレス、ブレスレットなど男性向け女性向け様々な種類があり、シルバーは値段も手頃で飽きのこない貴金属の一つではないでしょうか(^^)

 

ゴールドと違ってそこまで主張の強いものではありませんからプライベートではもちろんビジネスシーンでもワンポイントとしてさり気なく着用する方も多いようです。

 

でも、このシルバー、お手入れが大変ですよね(^_^;)

 

シルバーは時間が経つと黒ずんでしまうのが困ったところ。

 

シルバーに限らずアクセサリーのお手入れグッズなんかは売っていますけどちょっと高いんですよね(汗)

そこで今回は超安く(ほとんどタダ?)塩を使ってでシルバーをあっという間に綺麗にする方法をお伝えします!

 

スポンサーリンク


超簡単!家にあるものだけでできるシルバーお手入方!

それではさっそくご紹介します!

用意するものは以下の通り!

 

用意するもの
  • 沸騰したお湯
  • お湯を入れるコップなどの容器または鍋
  • アルミホイル

やり方①お湯編

①用意した容器のそこに合うくらいの大きさにアルミホイルを用意して、容器のしたに敷きます。

②アルミホイルの上に大さじ一杯程度の塩お入れて熱湯を注ぎます。(お湯は熱い方がいいです!)

③そのなかにシルバーのアクセサリーを入れます!(火傷に注意しましょう!)

 

たったこれだけです!

 

お湯にアクセサリーをつけるとみるみる黒ずんだアクセサリーが綺麗になっていきます。

数分間浸したらアクセサリーを取り出して拭きあげて完成です!

 

また、アクセサリーがくもっていたり、汚れが目に付く場合は銀みがきクロスなどでサッと拭きあげて最後の仕上げをしましょう(^^)

 

お湯バージョンの参考動画はこちら↓



 

やり方② お鍋で煮る方法!

やり方①ではイマイチ綺麗にならない場合はさらに強力な煮る方法があります。

 

①鍋の底にアルミホイルを敷いて塩を入れます。(分量はやりかた①と同じ)

②水を入れ沸騰させます。

③割り箸などを使ってやけどしないようにアクセサリーを入れます。

④黒ずみが取れたら鍋から出して拭き上げます。

 

煮るバージョンの参考動画はこちら↓



 

この方法でのお手入れをする時の注意点

  • このお手入れ法は化学反応で銀を綺麗にするものです。いぶし銀などわざと黒ずんだ加工をしているシルバー製品はそのような加工までピカピカになってしまいますのでこの方法でのお手入れはしないでください!
  • また、表面にパーツが接着してあるような場合は、熱湯によって接着剤の力がなくなり、パーツがとれてしまうこともあります。この場合も今回の方法でのお手入れは避けてください。
  • シルバーをお湯につけたり、煮たりする際に異臭がする場合があります。これは化学反応によるものです。換気が出来る場所で行ってください。
  • 最終的な判断は自己責任でお願い致します。
 

最後に

いかがでしたでしょうか、頑固に思える黒ずみもあっという間に綺麗になりましたね!

これは、シルバーが黒くなる原因である「硫化」という化学変化をアルミと塩とお湯を使って微弱な電気をながして
綺麗にする電気分解という方法なんです。

 

実はシルバーアクセサリー店でも使われている技なんですよ(^^)

 

ゴシゴシ研磨するわけではないのでデザインや刻印が削れてしまう心配もありません!

家庭にあるものだけで出来ますので良かったら試してみてくださいね(^^)

*自己責任でお願いします。


あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ