クリスマスケーキは24日と25日でいつ食べる?日本と海外の違いは?

クリスマスといえば、クリスマスケーキですよね!

クリスマスの夜には家族で1つのホールケーキを切り分けて食べた経験があるとおもいます。

 

ですが、日本はクリスマスにケンタッキーフライドチキンやクリスマスケーキを食べますが

海外では、ケーキやチキン以外にも様々な食べ物が食べられていることを知っていましたか?

 

それは後ほど紹介するとして、クリスマスケーキは12月24日に食べるべきか?12月25日に食べるべきか?

意外と家庭によってはバラバラだとは思います。

ですが、一般的には24日の夜にクリスマスのパーティーなどをしてケーキを食べることが一般的です。

 

果たして24日にクリスマスケーキを食べることは正解なのでしょうか??

 

カレンダーには25日にもしっかりクリスマスと書いてありますよね?

ということで今回はクリスマスケーキを食べる日はいつが正しいのか?についてまとめてみました!

海外のクリスマスの食事についてもちょこっとありますよ(^^)

スポンサーリンク


日本人の勘違い!本当のクリスマスの旬は早かった!

いきなりですが驚きの事実を発表します(笑)

 

すでに25日には、クリスマスは終ってしまっているのです。

 

詳しくいえば、ですが24日の終わりから25日にかけてがクリスマスであり25日の夜にクリスマスを祝うというのは日本人の大きな勘違いの1つでもああるんです!

 

海外では、12月24日の夜から25日にかけてクリスマスを楽しむことが一般的です。

ですから、本場海外の考え方から見ても24日にクリスマスケーキを食べるのが正解だったんですね(^^)

 

 

日本では、企業の努力などによって根付いたクリスマス文化ですので海外のクリスマスとは少しばかり事情も内容も変わってくるんです。

 

海外ではキリスト誕生を祝う行事の1つでもありますが、日本では単純にクリスマスという日を楽しむだけのイベントになっていますよね。

企業などもクリスマス商戦に気合いを入れていますし、日本でもクリスマスというイベントは非常に影響力のあるものだということは間違いないです。

 

それに、日本人はクリスマス自体にいい印象を持っているので好きな人はいても、嫌いな人は全くと行っていいほどにいないですよね♪

私はかつてクリスマスに無の心で過ごすことを志した事がありますが(笑)

 

クリスマスケーキ

 

本場の海外ではビックリされる日本のクリスマス

海外のクリスマスには、ケーキやチキンなどではなくてクッキーやパン、七面鳥にグラタンやスープなどの日本とは少し違った食べ物を家族で食べます。

日本のクリスマスとは内容が違うので、海外のクリスマスを見るともの足りないイメージがあるかもしれません(笑)

 

外国人が日本のクリスマスを体験するとビックリすることがあるそうです。

 

それは、「クリスマスにケンタッキーを食べること。」です。

 

じつはこれも日本だけの習慣で、アメリカでは冬にはケンタッキーフライドチキンの売り上げは悪いようで、日本では売れる時期なのに正反対なのでおもしろいですよね。

 

日本ではクリスマスシーズンになるとケンタッキーのCMラッシュに食べたくならずにはいられませんよね。

「ケンタッキー=アメリカの企業」というイメージがありますから当然アメリカでもケンタッキーは大忙しだと思ってた人も多いのではないでしょうか??

 

クリスマスチキン

 

最後に

このようにクリスマスの習慣や時期の違いは日本と海外では絶対にあります。

日本のクリスマスは海外とは完全に別物!と考えておくべきなのかもしれないですよね!

そもそも、日本人は無宗教なのでどの国のイベントでも気軽に楽しむことができるので幸せですね♪

 

今年もいいクリスマスをお過ごしください!メリークリスマス!

 

【関連記事】

日本でクリスマスにチキンや七面鳥を食べる由来!ケンタッキー凄え!

コンビニでクリスマスケーキを割引で買う方法!予約?残り物?

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ